モンゴルは中国とロシアに囲まれた内陸の国ですが、少なからず日本人旅行者も毎年モンゴルに旅行にいっています。
モンゴル人力士の活躍などで日本人にとって親近感のあるモンゴル。モンゴルに実際旅行に行く際のホテル選びはどのようにしたらよいかを考えてみましょう。

4
画像参照:The Wandering Angel

まず、インターネットでモンゴルのホテルを検索する場合、首都のウランバートルにホテルが集中しています。個人旅行でホテルを手配する場合、ウランバートルを拠点にすると良いでしょう。
ウランバートルのホテルを見てみても5つ星ホテルからゲストハウスまでと様々な種類のホテルが選べます。
5つ星ホテルだと日本人でも満足できるレベルの清潔さ、ホスピタリティが受けられ、日本食レストランまでも備わっているホテルもあります。また、5つ星ホテルとなると日本人利用者が多い事から日本語の話せるスタッフが在籍されており、言語に不安な方も安心して宿泊できます。

旅行会社に足を運び、航空券とパックになっているツアーを申込みするのもおススメです。こちらは費用が抑えられ、ホテルクラスも選択できることから煩わしいホテル選びもある程度お任せで簡単です。

また少し変わった宿泊方法だとモンゴルの遊牧民のゲル(家)にホームステイが出来る等といったツアーも多数あります。水道・電気・ガスの無い暮らしを大草原の中で体験するのはまたと無いチャンスです。また、遊牧民の生活を支える馬に乗馬出来るチャンスも訪れるかもしれません。日本にいると体験出来ないような経験をモンゴル旅行で叶えたいなら、日程や内容を考慮の上、モンゴルらしい宿泊スタイルを体験されると良いでしょう。